成人式の成り立ち

成人式とは年度内に満20歳となる人を祝福する行事で、各自治体において1月の第2月曜日の成人の日に行われます。自治体によっては成人の日以外の日に行われることもあります。成人の日の成り立ちについてですが、成人を祝う儀式自体は古くからありましたが、現在のようなスタイルの成人式のルーツは1946年昭和21年11月22日に埼玉県北足立郡蕨町で行われた青年祭であるとされています。埼玉県北足立郡蕨町は現在の埼玉県蕨市です。その青年祭が話題を呼び影響を受ける形で日本政府は1949年に1月15日を成人の日に制定しました。成人の日が制定されたことで、各自治体が毎年成人式を開催してお祝いをするようになります。1998年の祝日法の改正に伴い、2000年からは成人の日が1月15日から1月の第2月曜日に移行しました。今や成人式といえば女性の振袖が定番ですが、成人式が制定された当初は振袖を着て出席する女性は少なく、日本の経済の成長とともに振袖を着て出席する女性が徐々に増えていきました。バブル経済以降は成人式といえば振袖というスタイルが定着するようになります。女性の振袖姿はとても華やかで成人式を盛り上げてくれます。私も成人式で振袖を着ましたが、特別感がありとてもワクワクしました。様々な色やデザインや模様のものがあるので選ぶのも楽しかったです。人生において着る機会はなかなかありませんので、成人式はお気に入りの振袖で出席して思い出づくりをするのがおすすめです。