Menu

合宿免許の持ち物?便利な必需品を紹介

自分のドライヤーを持参しよう

髪の長い人にとって、ドライヤーはとても重要です。宿泊施設にドライヤーが用意されていることは多いのですが、あまり高機能なものではないため、不満を感じるかもしれません。出力の弱いドライヤーだと、風の勢いがないため、髪を乾かすのに時間がかかってしまいます。使っていてストレスがたまり、イライラすることもあるでしょう。それならば、普段、自分が使っているドライヤーを持っていったほうが安心できます。宿泊施設や部屋にどんなドライヤーが用意されているのか事前に確かめておくとよいでしょう。特に女性にとっては、髪をセットするためにもドライヤーは欠かせないものです。ボサボサな頭で教習を受けるのは恥ずかしいため、ドライヤーに気を配りましょう。

夏場は日焼け止めが役立つ

夏場は紫外線がとても強いため、日焼け止めを用意しておくことはとても大切です。車のなかにいるのだから日焼け止めは必要ないと考えるべきではありません。ガラスから車内にもたくさんの紫外線が降り注ぐため、対策をしておかないとすぐに日焼けしてしまいます。長時間、外でドライブすることもあり、肌に大きなダメージを受けてしまうことがあるのです。美白を保ちたい女性だけではなく、美容に関心のない男性であっても、肌を守るための日焼け止めは必要不可欠なものでしょう。あるいは、薄手の長袖を用意しておくのもよいです。特に手元が日焼けしやすいため、洋服でカバーしましょう。また、日差しが強いときのためにサングラスもあると便利です。

ルームウェアやスリッパなども用意しよう

合宿免許では、宿泊施設のなかで長い時間を過ごすことになります。一般的には2週間程度の期間をそこで暮らすことになるため、できるだけ快適に滞在できるように準備しておくと安心です。そのためにルームウェアを用意しておくとよいでしょう。教習所のほうで浴衣やパジャマのようなものを準備してくれないケースがあるからです。普段、自宅で着ているものを持っていけば、リラックスできます。自宅以外の場所では落ち着けずなかなか寝付けないという人でも、着慣れたルームウェアがあるだけで大きく変わるものです。

また、スリッパやルームシューズといったものもあるとよいでしょう。お風呂を上がってから、素足でスニーカーなどを履くのに抵抗のある人は、スリッパなどがあると便利です。宿泊施設で用意してくれるケースもあるのですが、ボロボロになっていたり汚れていたりする可能性もあります。夏場であれば、ビーチサンダルもあると快適です。

新着記事