振袖を知る

振袖とは

着物にも色々な種類がありますが、特に振袖は結婚式や成人式など華やかな場面で着用する和服として知られています。
購入はもちろん、レンタルで用意する人も多いですが、着用する前には振袖とはどんな着物なのか、他の着物と振袖の違いはどのようなものがあるのかも知っておきましょう。
まず、振袖は未婚女性が着用する着物の中でも特に格が高いとされており、大振袖、中振袖、小振袖と3つの種類があります。身頃と袖の縫い付け部分が少なく作られており、袖丈が長い着物です。
若い世代が着用することが多いですが、年齢に関係なく未婚女性であれば着用することができます。

それぞれの違いは袖の長さにあり、大振袖は特に袖が長く格式も高く、未婚女性の第一礼装とされています。かつては五つ紋が正式とされていましたが、現在では省略されることも多くなりました。
婚礼の定番の衣装として知られており、花嫁衣装として着用されることが多くなっています。
礼装であることもあり、模様には松竹梅や鶴亀などおめでたいものが選ばれています。古典的な模様はもちろん、最近ではより近代的な模様も選ばれるようになりました。
中振袖は大振袖に次ぐ礼装でより袖が短くなっており、成人式などで良く着用されています。この他ではパーティーや披露宴などのお呼ばれの際にも向いている着物です。
小振袖は一番袖が短く作られており、動きやすい着物となっています。卒業式には袴姿を選ぶ女性も多いですが、袴と併せるのにぴったりな着物です。
現在では成人式用に作った中振袖を袴と合わせることも多くなりました。


振袖レンタルならまるやま・京彩


ほかの着物との違いは、まずはその袖の長さで知ることができます。華やかな模様、色柄のものが多いですが、そうした華やかなものだけではなく、無地や地味な色柄のものも用意されています。
訪問着などは様々な場面で着用することができ、未婚、既婚にかかわらず着用することができます。振袖の場合は未婚女性が着用するものとなっており、着用できる場面もかなり限られているという違いもあります。
帯結びも派手に華やかに行われるのも、他の着物と違う点と言えるでしょう。
振袖は結婚した場合や年齢を重ねた場合は着用が難しくなりますが、もう着られないというわけではなく、袖をリメイクして訪問着として着用することもできます。
とはいえ、柄によっては袖を切ることで全体のバランスが悪くなってしまう場合もありますので、リメイクの際はバランスが崩れないかもよく考えておくことも大切です。